コロナ対策徹底中
オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2016年1月25日

猫背のリスク

image1_14.JPG

このようなことはありませんか?

出来るだけ良い姿勢を保とうとしても、集中しているとつい背筋が丸くなってしまいがちです。でも「猫背」をずっと続けているのは心身に大きな負担を与えてしまいます。

また、猫背は首や肩こりがひどく、呼吸が浅くなりやすいので風邪を引きやすくなると言われています。腹筋と比べ、背筋を鍛える機会が少ないため、意識をしなければ私たちは猫背になりやすい生活になっています。

猫背の中で、もっとも比率が高いと言われているのが「背中猫背」です。

眼精疲労や偏頭痛の他、前傾姿勢が続くことにより胃痛や胸焼けを起こすこともあります。このような症状がある方や、オフィスワーク等で長時間PCを見る必要がある方は、1度猫背の状態を確認したほうがいいですね。

高安柔整院では、猫背矯正をすると共に骨盤の歪みもしっかり治療していきます。

何かご不明な点などございましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

偏頭痛

image1_12.JPG

片頭痛は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。ひとたび痛み出したら、4~72時間続いてしまいます。

片頭痛は、「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」の2タイプに分けられ、前兆のある人は20~30%といわれています。
前兆のある片頭痛では、頭痛が起こる前に、いくつかの前兆がみられます。目の前にチカチカと光るフラッシュのようなものがあらわれ、視野の片側、または中心部が見えにくくなる閃輝暗点(せんきあんてん)を生じることが多いのですが、感覚が鈍くなる感覚異常、言葉が話しにくくなる失語性言語障害がみられる場合もあります。
このような前兆の多くは15~30分で消失し、続いて頭痛が始まります。

高安柔整院では、偏頭痛持ちの患者様も多くおられます。

まずは筋肉の緊張をとる治療をし、体の歪み 姿勢の状態 を見て、しっかりと痛みが出にくくなるような施術を行います。

気になるような事があれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

足首が硬いと?

足首が硬いというのは、2つの原因があります。それは足首を動かすふくらはぎの筋肉が凝っている。そしてもう一つは足首の靭帯が柔軟性を失っているからです。足首を柔らかくできれば、これら2つの部位の柔軟性を向上することができるでしょう。

ふくらはぎや足首の靭帯は体を動かす上でとても重要な部分です。走るだけでなく、歩くといった日常的な動作もこれらの柔軟性の上に成り立っているからです。

そのため、足首が硬いようである場合は足首をひねったりしたとき、怪我をしやすい傾向にあるようです。治りも遅くなってしまうこともあるため、十分な柔軟性を普段から維持しておく事が大切です。

足首が硬い人はふくらはぎが凝っている可能性があります。そのため、これによって足の血行不良が起き、冷え性や体全体の冷えすら起こしてしまいます。

足首の柔軟性を向上させることは同時にふくらはぎを始めとする足全体の血行促進に繋がるといえるでしょう。

冷え性で辛い思いをされている方や、足首が硬く、捻挫をよく起こしてしまう方、

高安柔整院で足首を柔らかくして、今の状態を改善していきましょう。

お気軽にお問い合わせください。