コロナ対策徹底中
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 骨盤矯正

股関節の痛み

image1.GIF

股関節は身体の中で最も大きな関節です。体重を支えつつ、立つ、歩く、またぐ、昇る、降りる、とぶ、けるなどのさまざまな動作をこなす関節です。 しかし、股関節に障害が生じると、動くときに痛むようになり、ひどい場合にはただ立っているだけでも痛むようになります。

関節軟骨は、関節の表面を覆っている厚さ2~4mm程度の層です。健康な軟骨は股関節にかかる体重を吸収し、非常に滑らかに動きます。変形性関節症では、関節軟骨がすり減り、骨も変形してしまいます。

骨頭のおよそ2/3が寛骨臼に包み込まれていることにより、安定性と、体重支持において重要な役割を果たしています。この覆いが不十分な状態が『臼蓋形成不全』です。

股関節のまわりの筋肉の力により、脚全体を動かしたり、横に開いたり閉じたり、内方や外方にねじったりすることができます。

筋肉の中でも中殿筋は、立ったり歩いたりするときにとても重要な役割をはたします。中殿筋は骨盤の骨と大腿骨を結んでいます。片足で立った時にバランスを保っていられるのもこの筋肉がしっかりと働いているからです

正常では、片足で立ったとき、中殿筋がしっかりと働き、骨盤は水平に保たれます。中殿筋の力が弱いときは骨盤を支えることができず、体が傾きます。そのた め歩くときに体が左右に揺れてしまいます。これはバランスを保つため代償として反対側の骨盤が下がるためによるものです。

股関節の痛みは骨盤の歪みからきていることが多いです。

高安柔整院は骨盤矯正を中心とした施術をし、痛みが出ている部位を治療していきます。

お問い合わせ、御相談はいつでもお待ちしておりますので、ご連絡お待ちしております。

産後のケア

image1.JPG

出産後は、出産前の体に戻ろうと急激に体が変化します。出産のときに開いた骨盤や子宮は、3週間ほどかけて、少しずつ元の形に戻ろうとします。この時期に不自然な体勢を長時間とっていたり(脚を同じ方向に組むなど)、激しい運動をすると骨盤が左右対象にならなまま戻ってしまいます。出産前の体に戻ろうとする時期はしっかりと妊娠中の骨盤の歪みの改善や、衰えた筋肉を強化しないと腰痛持ちになったり、ヘルニアになる可能性もあるので、元の骨盤の位置に戻していきましょう。

高安柔整院では、産後の骨盤矯正を得意としております。

産後のケアは高安柔整院にお任せください。

骨盤整体

image2_3.JPG

一般的によく言われている骨盤が開くというのは骨盤が後傾し腸骨が開いた状態をイメージしているのではないかと思います。それでは骨盤を前傾にして腸骨が閉じれば骨盤は閉じている状態なのかと言われれば、骨盤の過度の前傾は腸骨が閉じすぎてしまい逆に骨盤下部の坐骨が開いてくるようになります。坐骨が開いてくることで内股気味になり足のスタイルは悪くなり、出尻になったりお尻の筋肉もしっかり働かなくなるため垂れ気味のお尻になったりと、とても良いスタイルだとは言えません。
ここからは治療経験をふまえた当院の考えですが・・・
骨盤が開くとイメージされる骨盤の後傾で骨盤上部の腸骨が開いてしまい、尚且つお尻や太ももの内側の筋肉が弱くなり骨盤を締めたり足を閉じたりする機能が十分にできなくなると、坐骨も開いてくる可能性があります。この状態が一番悪い骨盤の開き方ではないかと思うのです

高安柔整院では、知識と経験をいかした骨盤矯正を施術し、身体の歪みをしっかり治します。

身体の歪みが気になっている方、いつでもお問い合わせ下さい。

マタニティ整体

image1_7.JPG

御出産おめでとうございます。

初産婦さんは慣れない育児に身体は万年疲労状態…また精神面では一つ一つが気になり精神的にも不安定になる時期です。
経産婦さんは上のお子さんの育児に追われながらの子育てで毎日がめまぐるしく過ぎて自身の身体のことは後回しになってしまい、気が付けばひどい痛みを伴っていることもあるでしょう。

ママの身体には
腱鞘炎・肩こり・腰痛・背面痛・仙腸関節痛・股関節痛・血行不良(冷えやむくみ)・尿漏れ・おっぱいの張り等いろいろな症状が現れます。
これらを日々の生活に追われて痛みを我慢してしまい、産後の身体を放置してしまうと、必ず来る閉経後に大きなトラブルとなって返ってきます。
そして出産後は骨盤がリセットされる時です。
その時にしっかりと骨盤矯正をして綺麗な身体にしたいものです。

産後は特にしっかりと身体を戻していくことが大切です。

骨盤周りの筋肉を解して、正しい矯正を行うことで基礎代謝を上げて健康的な身体を手に入れましょう。

猫背には骨盤矯正

image1_5.JPG

パソコンやスマートフォンを利用していると背中を丸め、前に屈みこむ猫背の姿勢になりがちです。 問題なのは、その姿勢が身についてしまい、癖になってしまうことです。 一度癖になると正すのは難しくなります。
猫背になると、骨盤が歪んだり、背骨のバランスが歪んだりして体の中の血流が悪くなり、代謝が下がったりしてしまいます。
また、姿勢が悪いと体全体にも歪みを生み、美しさも損なわれるのです。

あなたの姿勢はどうですか?猫背になっていたり、肩の高さが左右違うなんてことはありませんか?
身体のバランスが悪い、身体が傾いてると感じておられませんか?

様々な身体の痛みや不調があっても患部に原因があるとは限りません。 背骨のズレから不調や痛みを引き起こす事があるからです。

高安柔整院では骨盤矯正で背骨や骨盤、股関節のズレを本来の位置に戻していきます。

自立神経に血管、リンパ、運動神経など重要な身体の機能が背骨に隣接してるので、 骨盤を正常な位置に戻すことで、ズレによって圧迫されていた神経などを回復させることができます

骨盤矯正によって姿勢を整えるだけでなく、体の内部も整えます。 姿勢を正すことは健康に美容にも有益です。

ぎっくり腰

【ぎっくりの原因】

腰椎の椎間関節の捻挫や,靭帯の軽度の損傷,関節包のめくれやねじれによるもの
腰背筋の筋膜の損傷(肉離れ)が原因のもの、いわゆる「筋膜性腰痛」
腰椎椎間板ヘルニアが原因のもの
骨粗鬆症による腰椎椎骨の圧迫骨折によるもの
ちょっとしたきっかけや、特に誘因もないのに急に腰が痛む 急性腰痛の多くは、ほんのちょっとしたきっかけで突然、腰に激痛が起こります。引き金となる動作には、重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなど、誘因が思い当たることもありますが、特に誘因もなく起こる場合も少なくありません。また、腰椎に何らかの病気があり、加えて無理な姿勢をとったり、動作をしたために、急激に強い痛みを引き起こすこともあります。
痛みの原因はそのほとんどが腰椎の椎間関節の「亜脱臼」です。亜脱臼とは、いわゆる捻挫のことで、関節が半ば外れかかった状態をいいます。また、椎間関節内へ滑膜が挟まった場合も考えられます。つまり、ぎっくり腰のほとんどは、腰骨の関節を捻挫した状態なのです。

【ぎっくり腰の症状】

急性腰痛が起こると、強い腰の痛みのために動けなくなったり、歩くのが困難になるといったように動作が制限されます。症状の程度には個人差があり、ものにつかまりながら何とか動けるという人もいるし、痛みのためにほとんど動けなくなる人もいます。少し前かがみになったり、横向きで寝ると痛みが楽になることが多いようです。

【ぎっくり腰の治療】

安静にし、コリをほぐせばかなり腰は力を取り戻します。さて、次にすべきことは「腰の状態を確認」する事です。何故なら、ギックリ腰が腰の筋肉疲労だけが原因であれば良いのですが「姿勢の歪み=骨格の歪み」が原因であれば大変です。炎症が治まって痛みが軽くなったとしても、そもそもの筋肉疲労は「骨格の歪み」が引き起こしているわけですから、根本的には何一つ変わっていないのです。

ですので、高安柔整院では、コリをほぐし、腰の状態を確認し、根本の歪みを治す骨盤矯正の施術を致します。

一人一人に合う治療を高安柔整院では行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

腰痛

image2_2.JPG

【腰痛はなぜ起きるのか?】

骨盤・背骨のゆがみ、筋肉のゆがみやねじれによる刺激、妊娠・出産後の骨盤のゆがみ、体重の増加、長時間の姿勢維持などで腰の筋肉に負担が蓄積されます。

また、体の左右バランスが悪いと、筋肉に張りが出てきます。筋肉に張りが出ると、筋肉が硬くなり、痛みが出ます。ゴルフで同じ方向にだけスイングしたり、足を組んだり、カバンを利き手だけで持つなど、日常生活にも体のバランスを悪くする理由が潜んでいます。

【腰痛が改善しない・悪化する理由】

骨盤・背骨が歪んだままだと、腰の筋肉の負担が多くなり、痛みが強くなります。表面的なマッサージも一時的に楽になりますが、深層筋にアプローチできないため、時間を置くと痛みが出てきます。

また、腰痛は進行するため、痛めている部分を放っておくと炎症が強くなっていきます。将来的にはヘルニアや坐骨神経痛に進んでしまう可能性もあります。

【腰痛の施術方法は?】

腰痛の根本的原因は、身体の土台である「骨盤のゆがみ」と、「深層筋」の異常によって負担がかかってしまう事であるため、高安柔整院の施術は手技治療と骨盤矯正と深層筋のトレーニング治療を用いて

・痛みに即効性があり

・正しい骨格と筋肉の状態を記憶させ

・痛みにくい体作り

を重視した、腰痛施術を行っています。

高安柔整院では一人一人に合う治療を提案し、痛みと向き合います。

まずは、お気軽に高安柔整院までお問い合わせ下さい。

深層の筋肉(インナーマッスル)を鍛えて、身体の歪 みを鍛えましょう。

image1_14.JPG image2_5.JPG

『深層の筋肉』は背中についています。

「深層の筋肉」は硬くなってしまうと背骨を引っ張って体を歪ませてしまいます。

「深層の筋肉」を改善するには弱ってしまった筋肉を、鍛えなくてはいけません。

当院では、深層の筋肉を直接鍛える医療器具「楽トレ」を置いてあります。

【楽トレとは?】

「複合高周波EMS」を用いて、鍛えにくい身体の奥の筋肉「インナーマッスル」をはじめとする全身の筋肉を、楽に、しっかりトレーニングすることです。
柔軟性の高い良質な筋肉を作り、ダイエットはもちろん身体の衰えや痛みもケアします。

またよく患者様より、

「自分自身でなんとか体の歪みを解消できませんか?」

と質問をいただくことがあるのですが、基本的に体の歪みは一か所だけではありません。
一か所ゆがむと別の部分が体のバランスをとるために歪みます。
そうして次々に体の色々な部分が歪んでくるのです。

ですので、ご自身ですべての体の歪みをとることは非常に厳しいです。

早期に体の歪みを改善するなら高安柔整院の「骨盤矯正」を受けていただいて、
深層の筋肉を鍛え、骨盤から全身の歪みを整えていきましょう。

体の歪みは疲労の元??

当院では、産後に肩こりがひどくなった患者様や、腰痛持ちの患者様や、頭痛持ちの患者様など多くの患者様が来られております??

皆様が本当に体の痛みに対して悩まれておられるからこそ??

私達、スッタフ一同は中途半端な治療は致しません??

体の歪みが、みなさまの痛みを出してる一番の元凶となっている事が多いのです??

高安柔整院では体の歪みを治す治療『骨盤矯正』をほとんどの患者様に施術しております??

歪みが勝手に戻ることはありません??

歪まない体を作るために治療をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください??

ギックリ腰治療 高安口コミNo.1

image1_10.JPG

皆様、年も暮れが近づき、大掃除をされるご家庭が増えてきていると思います。

大掃除をする中で、1番多い怪我が、

『ギックリ腰です??』

下の荷物を中腰で持ったり

高い所に無理矢理手を伸ばしたり

同じ姿勢のままで掃除をしたり

と、腰への負担は大きいです??

ギックリ腰の予防としては、

ストレッチ・暖める・休養をしっかりとする事が予防となりますので、

無理に掃除を続けるのは抑えたほうがいいです??

当院では、腰痛持ち、ギックリ腰の患者様に対して、適切な治療をほどこします??

「ぎっくり腰」は加齢などにより椎間板が弱くなり亀裂が入っていたりするところに、外圧(無理な姿勢や、重いものを急に持ち上げるなど)がかかる事により椎間板やそのまわりの筋肉を痛める事により起こります。日頃から重たいものを持つ時の体制や力の入れ方に意識したり、腰に負担のかかる体勢をとらない癖をつけるなどする事で弱った椎間板を保護してやる事ができそうです。加齢に伴う変化を止める事はできないため、正しい姿勢や保護する方法を知ってぎっくり腰を予防する事が大切です??

また当院では骨盤矯正を中心とした治療を施して、ギックリ腰になりにくい身体を作っていきますので、お気軽にお問い合わせください^_^