ブログ | 高安柔整院 八尾市 東大阪市|産後の骨盤矯正で産後腰痛を改善!

コロナ対策徹底中
オフィシャルブログ

カイロプラクティック

【カイロプラクティックとは?】

ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティス」は「技術」を表しますので、「カイロプラクティック」は「手による療法」という意味になります。よって、カイロプラクティックでは薬や・手術は使いません。手のみを使用した瞬間的な施術なので痛くありません。
カイロプラクティックヘルスケアは、一般的な手技療法の中で、最もよく用いられているものの一つです。現在、世界中100ヶ国以上で実施されており、40余の国々で法制化されています。 カイロプラクティックは、神経・筋・骨格系トラブルの分析とケア、及びこれらのトラブルが全身の健康に及ぼす影響を取り扱うヘルスケア専門職です。
骨格や神経系などに注目し、職業・生活習慣などで生じる骨格の歪みや機能的な異常部を独自の理論から発見し、整えていくことで、人体の持つ自然代謝力を活かし、自然に回復に導きまた再発の可能性を低くする事を主な目的としています。 カイロプラクティックは末梢神経部の障害や内臓不調にも有効なケースがあります。脊髄神経はその通路である脊椎の間に位置する椎間孔から所定の場所(内臓等)に脳の指令を伝え、逆に内臓や抹消部の情報を脳にフィードバックしています。これが自然代謝の主な仕組みです。ところが、脊椎の歪みなどにより椎間孔が圧迫され神経の出入り口が狭くなって神経が圧迫されたり、酷いときには椎間孔が塞がれてしまったりする事があり、自然代謝力が損なわれているケースがあるからです。 また、カイロプラクティックでは手探りで患部を触るのではなく、生体力学的、神経科学的、解剖学的な観点を踏まえた上で、独自に培ってきたノウハウからサブラクセーション(筋骨格系の機能・構造的な障害)を正確に捉え、整えます。サブラクゼーションは日本語では亜脱臼などと訳され、骨格のズレを指しますが、一般にカイロプラクティックでは骨格のズレを、単体ではなく、関節を構成している骨頭・軟骨・靭帯・筋肉をトータルとして捉え、異常を捉えていきます。(サブラクゼーションについては、簡単に述べさせていただきましたが、実際にはもっと複雑な定義があります。これが全てではありません。)

猫背には骨盤矯正

image1_5.JPG

パソコンやスマートフォンを利用していると背中を丸め、前に屈みこむ猫背の姿勢になりがちです。 問題なのは、その姿勢が身についてしまい、癖になってしまうことです。 一度癖になると正すのは難しくなります。
猫背になると、骨盤が歪んだり、背骨のバランスが歪んだりして体の中の血流が悪くなり、代謝が下がったりしてしまいます。
また、姿勢が悪いと体全体にも歪みを生み、美しさも損なわれるのです。

あなたの姿勢はどうですか?猫背になっていたり、肩の高さが左右違うなんてことはありませんか?
身体のバランスが悪い、身体が傾いてると感じておられませんか?

様々な身体の痛みや不調があっても患部に原因があるとは限りません。 背骨のズレから不調や痛みを引き起こす事があるからです。

高安柔整院では骨盤矯正で背骨や骨盤、股関節のズレを本来の位置に戻していきます。

自立神経に血管、リンパ、運動神経など重要な身体の機能が背骨に隣接してるので、 骨盤を正常な位置に戻すことで、ズレによって圧迫されていた神経などを回復させることができます

骨盤矯正によって姿勢を整えるだけでなく、体の内部も整えます。 姿勢を正すことは健康に美容にも有益です。

寝違え

image1_4.JPG

首がつっぱるように痛む」
「朝起きたら痛くて動かせなくなっていた」
「だんだん痛みを感じ始め、気づいたら首が回らない」
「うがいができない」
「肩を動かすと首が痛む」

寝違えの原因にはいくつかの要素が考えられます。首の関節や筋肉、靭帯に負担のかかる状態が続いていたり、その状態が慢性的に続いた結果急性炎症を起こしたり、強い精神的ストレスを受けたり、内臓の不調があったりと、必ずしも首周辺に原因があるわけではないケースもあります。大半は首や肩周りの筋肉の緊張することが原因で起こると考えられています。

寝違えを繰り返しやすい人は、慢性的な肩こりの悪化が関わっている場合もあります。特にパソコンを使用する時や、机に向かう時の姿勢など長時間に及ぶ不良姿勢が原因となることが多いです。重い頭部を首や肩で支えることで筋肉がいつも緊張しており、その結果、血行・代謝不良を起こし、疲労物質の蓄積、発痛物質の出現により凝りや痛みが症状として現われます。結果的に、頭を支え、動かす際に働く筋肉が過緊張したり、関節に負荷がかかりその周辺の筋肉や靭帯といった組織が痛んだりといった状態になるのです。

寝違えはついつい痛い部分を触ったり、動かしたくなってしまうかもしれません。また、「放っておけば治る」と思われがちです。炎症が起こっていることもありますし、むやみに触ったりすると痛みが悪化することもあります。また、治ると思っていたら3日目からさらにひどくなってきた、ということも意外と多いのです。

以下の行為は首の痛みを悪化させる可能性が高いので、決して行わないで下さい。
・痛みのある部分を温める。(温めて良いかの判断が難しい状態です)
・痛みを我慢して首をストレッチする。
・首をぐるぐる回して体操をする。
・お風呂で長時間温まる。

早めに施術を受けていただくことが理想ですが、そうできない場合は痛みと炎症を抑えるため自宅でアイシングを行ってください。

アイシング(冷却)の手順
軽度の痛みでは、温めても問題がない場合もありますが、悪化する場合もあるため、判断に迷うときは冷却が無難です。2日ほどで炎症が治まりますので、温めて良いのはそれからになります。体操やストレッチも様子を見ながら徐々に試していきます。

寝違えの冷却方法は?
ビニール袋に氷を入れ、水で濡らしたタオルを巻いて痛む部位に10分~20分当て、冷たい・痛い⇒無感覚(麻酔をした感じ)に感覚が変わるところまで続けます。水で濡らしたタオルを使うことで冷たさがしっかり伝わるようになります。できれば横になり、枕の高さを調整して頭を支える筋肉に負担をかけない体制でアイシングをしましょう。

頭痛

【頭痛の原因】

頭痛には、脳の血管が広がって痛む「片頭痛」

頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」があります。

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。

脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

一方、「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

【症状】

「片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。

「片頭痛」の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

いったん痛み出すと2~3日間は続き、1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回と周期的に頭痛を繰り返します。

一方、午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが「緊張型頭痛」。後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。

吐き気や嘔吐などといった頭痛以外の症状は現れず、日常生活への支障も片頭痛ほどではありませんが、数時間で治まる場合や、頭痛が数ヶ月以上も続くなど、慢性化するケースもあるようです。

今現在、15歳以上の日本人の内、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万以上が悩んでいると言われています。

高安柔整院では、頭痛の元となるコリを和らげて、身体の歪みを整える治療を行います。

頭痛はほっておいてはいけない症状です。

頭痛でお悩みの方は是非高安柔整院まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

ストレートネック

image1.GIF

【ストレートネックとは?】

これは字の如く、『真っ直ぐな首』という意味です。
もう少し細かく説明すると首の湾曲の角度が「30度以下」
の状態を指します。

顔が少し前に出て、首がすっと伸びている女性の方が
レントゲンを撮ると
ストレートネックと言われる確率が高いです。

【ストレートネックによる身体への影響】

私たちの背骨は首の部分は前に、背中の部分は後ろに、腰の部分は前に緩やかにカーブしています。この緩やかなカーブは、

・背骨に掛かる体重の軽減
・歩行時の足から脳へ伝わる
 ショックを軽減する

などの役割があります。

ということは、首の湾曲が少ないストレートネックの方は、頭の重みを分散し辛いので首、肩の筋肉に必要以上に負担が掛かります。更に、下からのショックを首で軽減出来ないということは、頭への負担も大きいです。

主な症状は
頭痛、耳鳴り、めまい、首痛、
肩こり、手のしびれ

などがあります。更に自律神経にも影響する為、自律神経失調症になる方も居ます。
放っておくと結構、辛い症状にもなっていきますね。

【ストレートネックの原因は?】

首の緊張状態がストレートネックの
原因なのです。

スマホの触りすぎやパソコン作業や車の運転など首を前に伸ばしている姿勢を続けることで、

首の緊張が解けなくなり、ストレートネックになっていきます。

ストレートネックは現代病とも言われております。

ストレートネックによる身体の悪化は高安柔整院でしっかり治療致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

肩こり 首こり

image1_3.JPG

【肩こり 首こりの原因】

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。
肩こりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。それらの要因が単独、または、互いに関連し合いながら肩こりを引き起こします 。

首と肩の周辺には、さまざまな筋肉があります。これらは重い頭や腕を支えて立っているだけで、緊張し続けています。緊張が続くと筋肉が疲れて疲労物質がたまり硬くなります。それが血管を圧迫して血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりして、こりや傷みを起こします。また、血行不良になると、筋肉に十分な酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労がたまって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。

・デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている
・いすと机のバランスが悪く偏った姿勢を続けている
・かばんをいつも同じ方の肩にかける
・長時間冷房のきいた部屋にいて体が冷えている
など、偏った姿勢を続けたり、緊張した状態を続けたりしていると筋肉が疲労して肩こりが起こりやすくなります。

人間の背骨がゆるやかなS字カーブを描いているのは、重い頭や腕を支えながら二本足で歩けるように、姿勢を保つため。背骨の間には「椎間板」があって、衝撃をやわらげるクッションの役割を果たしています。年を取ると、このクッションがだんだんつぶれて硬くなり「頸部脊椎症」といわれる状態になり、これも首や肩の痛み・こりの原因になります。40歳ごろからみられはじめます。

貧血、低血圧、高血圧などの症状があるときは肩こりを起こしやすくなります。また、狭心症や心筋梗塞、胃潰瘍などが原因になっていることもあります。
そのほか、目の病気がある、視力に合わない眼鏡をかけ続けている、歯のかみ合わせが悪い、虫歯があって片方の歯でしかものをかめない、などが原因になっている場合もあります。
また、不安・イライラなど長く続くストレスが肩こりを誘発するともいわれています。

高安柔整院では、肩こり 首こりに適した施術を行い、身体の歪みをしっかり治療していきます。

肩こり 首こりでお悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

ぎっくり腰

【ぎっくりの原因】

腰椎の椎間関節の捻挫や,靭帯の軽度の損傷,関節包のめくれやねじれによるもの
腰背筋の筋膜の損傷(肉離れ)が原因のもの、いわゆる「筋膜性腰痛」
腰椎椎間板ヘルニアが原因のもの
骨粗鬆症による腰椎椎骨の圧迫骨折によるもの
ちょっとしたきっかけや、特に誘因もないのに急に腰が痛む 急性腰痛の多くは、ほんのちょっとしたきっかけで突然、腰に激痛が起こります。引き金となる動作には、重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなど、誘因が思い当たることもありますが、特に誘因もなく起こる場合も少なくありません。また、腰椎に何らかの病気があり、加えて無理な姿勢をとったり、動作をしたために、急激に強い痛みを引き起こすこともあります。
痛みの原因はそのほとんどが腰椎の椎間関節の「亜脱臼」です。亜脱臼とは、いわゆる捻挫のことで、関節が半ば外れかかった状態をいいます。また、椎間関節内へ滑膜が挟まった場合も考えられます。つまり、ぎっくり腰のほとんどは、腰骨の関節を捻挫した状態なのです。

【ぎっくり腰の症状】

急性腰痛が起こると、強い腰の痛みのために動けなくなったり、歩くのが困難になるといったように動作が制限されます。症状の程度には個人差があり、ものにつかまりながら何とか動けるという人もいるし、痛みのためにほとんど動けなくなる人もいます。少し前かがみになったり、横向きで寝ると痛みが楽になることが多いようです。

【ぎっくり腰の治療】

安静にし、コリをほぐせばかなり腰は力を取り戻します。さて、次にすべきことは「腰の状態を確認」する事です。何故なら、ギックリ腰が腰の筋肉疲労だけが原因であれば良いのですが「姿勢の歪み=骨格の歪み」が原因であれば大変です。炎症が治まって痛みが軽くなったとしても、そもそもの筋肉疲労は「骨格の歪み」が引き起こしているわけですから、根本的には何一つ変わっていないのです。

ですので、高安柔整院では、コリをほぐし、腰の状態を確認し、根本の歪みを治す骨盤矯正の施術を致します。

一人一人に合う治療を高安柔整院では行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

腰痛

image2_2.JPG

【腰痛はなぜ起きるのか?】

骨盤・背骨のゆがみ、筋肉のゆがみやねじれによる刺激、妊娠・出産後の骨盤のゆがみ、体重の増加、長時間の姿勢維持などで腰の筋肉に負担が蓄積されます。

また、体の左右バランスが悪いと、筋肉に張りが出てきます。筋肉に張りが出ると、筋肉が硬くなり、痛みが出ます。ゴルフで同じ方向にだけスイングしたり、足を組んだり、カバンを利き手だけで持つなど、日常生活にも体のバランスを悪くする理由が潜んでいます。

【腰痛が改善しない・悪化する理由】

骨盤・背骨が歪んだままだと、腰の筋肉の負担が多くなり、痛みが強くなります。表面的なマッサージも一時的に楽になりますが、深層筋にアプローチできないため、時間を置くと痛みが出てきます。

また、腰痛は進行するため、痛めている部分を放っておくと炎症が強くなっていきます。将来的にはヘルニアや坐骨神経痛に進んでしまう可能性もあります。

【腰痛の施術方法は?】

腰痛の根本的原因は、身体の土台である「骨盤のゆがみ」と、「深層筋」の異常によって負担がかかってしまう事であるため、高安柔整院の施術は手技治療と骨盤矯正と深層筋のトレーニング治療を用いて

・痛みに即効性があり

・正しい骨格と筋肉の状態を記憶させ

・痛みにくい体作り

を重視した、腰痛施術を行っています。

高安柔整院では一人一人に合う治療を提案し、痛みと向き合います。

まずは、お気軽に高安柔整院までお問い合わせ下さい。

バイク事故

image2.JPG

バイクでの事故は、車の事故と違って、一度事故を起こしてしまうと、重大な事故になりやすいものです。車での事故の場合は、車内にエアバックなど衝撃安全装置が作動し、衝撃からある程度身体を守ることが出来ますが、バイク事故はそうはいきません。バイク事故を起こしてしまった場合は、車の事故と同様、もしくはそれ以上の身体の検査や治療を細かく行っていく必要がありますので、専門の医療機関で適切な治療を受ける必要があります。高安柔整院では、バイク事故で負った首、肩、腰、膝などの痛みやしびれなどの不快な症状を早期に和らげるために被害者の方を、全力でサポート致します。

高安柔整院では治療を行う上で、できるだけ早く患者様の痛みやつらさを解消できるように施術を進めていきます。
一人一人を問診し、的確なオーダーメイドの施術によって、早期回復を目指しています。ですのでおひとりおひとり治療方法は異なってきます。痛い治療や牽引・バキバキゴキゴキするような矯正治療が苦手であるなど気軽に仰って下さいね。   
高安柔整院では、治療・施術の他にもバイク事故の治療費用についての保険に関する相談することができます。
自動車とは違った形態を持っているため、わかりにくい部分もあることから、アドバイスを行うこともできます。高安柔整院は交通事故専門の行政書士さんや弁護士の先生など専門家の先生たちとも業務提携を結んでいるため高安柔整院で患者様のご質問・ご要望にお応えできない場合は患者さんにピッタリ合った先生をご紹介させて頂いております。まずは、治療だけでなく保険の事でもお気軽にご相談ください。

自動車事故

image1_2.JPG

自動車事故を起こした場合はまずは相手の安否を確認しましょう。何もないようでも病院には必ず行ってもらうようにしましょう。自分自身も身体が心配ですが、まずは事故処理もしなくてはいけません。警察が来るまでは車を安全な場所に移動して、交通の妨げにならないようにします。事故ですから自分自身も衝撃で何か障害を受けている可能性があります。後日でも構いませんので病院で検査を受けるようにしてください。

【治療が保険対応になる場合があります】

こちらが起こした自動車事故の場合は、自賠責保険などの適用を受けることはできません。それでも自身が加入している自動車の任意保険に対人対物の他に搭乗者傷害保険が付いている場合は、被保険者本人にも対応しているのです。まずは、任意保険の担当者に連絡して治療費が出るのかどうかを確認しましょう、出るのであれば治療費は一切ゼロということになります。もちろん、高安柔整院でも保険適用となりますので、治療費は一切かかりませんので安心して治療を行なってください。

【保険の手続きのお手伝いをします】

自動車事故の場合は通院日数、あるいは回数。通院期間など様々なことを申告しなくてはいけません。そのような面倒な手続き高安柔整院が代行いたしますので患者様は安心して治療に専念してください。