コロナ対策徹底中
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 産後骨盤矯正

出産後こんな事をしていませんか?

image1_4.JPG

☆同じ側の肩にいつもショルダーバックをかけている

☆いつも座る時は、お姉さん座りをする(横座り)

☆座った時に同じ側の足で、足を組む

☆授乳の際によく猫背姿勢で行っている

☆授乳の際に、両足を投げ出した状態で足を同じ側で組んでいる

☆出産してから頻繁によく動き回っている

妊娠をすると3~4か月後あたりから産後数日間の間まで「リラキシン」
というホルモンが分泌されます。

この「リラキシン」というホルモンは、赤ちゃんがスムーズに出てこられるように、

骨盤周囲の靭帯などを含めた軟部組織を柔らかくする作用があり、

産道を広げてくれるよう働きます。普段から骨盤周囲の筋力トレーニングをしている方でも、

「リラキシン」というホルモンで筋肉や靭帯は緩みますし、

妊娠中には今まで体験したことのない身体の変化が起こります。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹の中に重りを入れ、
荷物を抱えているような姿勢になります。

この姿勢は、妊娠前ではしない姿勢(格好)になりますので、
骨盤周りの骨格や筋肉などの使い方が変化します。

同時に「リラキシン」というホルモンの影響で、

骨盤周囲に緩みが生じ、

安定性も失いやすく、

腰痛などの疾患を起こしやすくなります。

それはほとんどの妊婦さんが体験することでそれよりもお腹の赤ちゃんを無事に
出産することを第一に考えなくてはいけません。

そして無事に出産すると子育てが始まります、
それと同時に自分自身の身体のことも考えましょう。

妊娠中に感じた腰痛は改善していますでしょうか?

骨盤のゆがみは、出産後、左右の骨盤が徐々に縮んでいくことで、

通常3~4か月で自然治癒するものですが、

中には戻りきらないまま腰痛が引き続き起こる人もいます。

そのような人には産後骨盤矯正が必要です。

産後の骨盤矯正は八尾市高安駅前の高安柔整院にお任せください^_^

笑いは最高の特効薬!?

image1_12.JPG

こんにちわ^_^

高安柔整院の原口です^ ^

本日は、タイトルの通り、

『笑い』の凄さ

に思うことを書こうかなと思います(≧∇≦)

特に、今身体が不調で少し元気が出ない人や、

出産を控えて不安な人は、

作り笑顔でもいいのでやってみてください。

笑いにはリラックス効果があります。

笑うと自律神経を整えたり

免疫力を高めたりします。(特に免疫細胞の中でも、ガン細胞を攻撃するNK細胞は笑いによって活性化するとも言われています。)

フィギュアスケートの浅田真央選手や羽生結弦選手らの笑顔のイメージって強くないですか?

見ている人の印象を良くする事 (楽しませる事) もあるとは思いますが、

作り笑顔でも、笑顔である事で自分の心を落ちつかすことができるんですよ。

プロ選手の方の中にはリラックスする為に鏡の前で一度笑顔をしてから試合に臨む選手もいます。

理由としては神経伝達物質セロトニンが、笑顔を作る顔の筋肉のコントロールに関係しているから。

と言われています。

…………………………………………………………………………………………

日常の中では、嫌な事 不安な事 イライラする事 色々な事があり、

気付けば笑えていない事があるかもしれません。

そんな時は、イライラしても作り『笑顔』不安でも作り『笑顔』

を試してみてください^ ^

ほんの少し気持ちが楽になるかもしれません^ ^

では、本日はこの辺で(≧∇≦)

高安柔整院は 、

★骨盤矯正

★産後骨盤矯正

★楽トレ 手技治療

★ハイボルト治療

色々な治療で今の身体の状態を改善いたします。

気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

高安駅前 地域人気No.1の産後骨盤矯正

image1_8.JPG

皆様こんにちわ^_^

産後にほとんどの女性が

「○○キロ太ってしまった(T ^ T)」

「体重は戻ったけどズボンが履けなくなった」

と悩まれている方が多いです。

それには原因があります!

妊娠すると、「リラキシン」と言われているホルモンが、

お産の為に骨盤を緩くして開きやすくしてくれる為、分泌されます。

また!

妊娠中は、お腹が伸ばされている為、

出産後は伸びた腹筋が元に戻らず緩みたるんだ状態に、、、

体を守る『骨盤』と『腹筋』が緩めば、

いつもの様に自分を守ってくれないと、体が反応する為、

*体は過剰に皮下脂肪を溜め込もうとします*

更に歪んだ骨盤は、内臓が下がってしまう為、

*ぽっこりお腹の原因*

にもなります。

だからこそ、当院では骨盤矯正を中心にした治療で患者様と向き合っています。

骨盤の歪みは勝手には戻りません!

産後の骨盤矯正は専門知識を持ったプロにお任せください!

高安柔整院では一人一人の患者様の歪みに合ったオーダメイド治療を行います

お気軽にお問い合わせください^_^

産後ダイエット

image1_7.JPG

【産後太り】

妊娠中に増えた体重を、出産後も戻しきれずに、体重オーバーの状態が続く産後太り。

今は、昔のように「赤ちゃんの分まで食べなさい」といわれることもなく、

妊娠中毒症等の対策で体重を適正管理するようにと指導されますが、

それでも妊娠、出産を機に太ってしまったという女性がたくさんいます。

体型面では、赤ちゃんを育てるために太くなったお腹周りや、

妊婦時の体重を支えるためにがっちりした太ももが元に戻らないという方や、

授乳時に子どもの頭を支えた二の腕に肉がついたという方、

授乳後ではバストのたるみなどの悩みをもつ方が多いようです。

とはいえ、無理な産後ダイエットは禁物です。

妊娠中は、運動不足になりがちなため、

筋肉量が低下します。

それに伴い、人がジッとしていても消費するエネルギーである基礎代謝も低下。
産後もその状態が続いていると、太りやすくなります。

また、妊娠&授乳期は赤ちゃんのために摂取カロリーを増やしますが、

授乳後も同じ食生活を続けていると、当然、太ります。

さらに、妊娠時に長期間、伸びた状態になっていた腹筋や、出産時に開いた骨盤をケアせずにいることなども、下半身太りを招く原因となります。

産後太りをそのまま放っておくと、太りやすい体でい続けることになります。

そんな状態で、子どもが離乳から一般食へと育つ過程に子どもの食べ残しを食べていたら、
さらに太ったという方がたくさんいます。

さらに、体重が戻りきらないうちに二人目、三人目と出産を重ねたら、びっくりするような体重になっていた…という方もいます。

*高安柔整院は産後骨盤矯正を得意としています。

骨盤が正しい位置に戻ると、内蔵も正常な位置で機能し、栄養素の吸収が良くなります。また、血行が良くなることで基礎代謝も上がり、痩せやすい体になりますよ。

産後骨盤矯正を上手に行えば、効率よくやせるだけでなく、スタイルも良くなります。

産後ダイエットをお考えの方は、いつでもお問い合わせ下さい

産後気をつけて欲しい事

image1_5.JPG

☆同じ側の肩にいつもショルダーバックをかけている

☆いつも座る時は、お姉さん座りをする(横座り)

☆座った時に同じ側の足で、足を組む

☆授乳の際によく猫背姿勢で行っている

☆授乳の際に、両足を投げ出した状態で足を同じ側で組んでいる

☆出産してから頻繁によく動き回っている

妊娠をすると3~4か月後あたりから産後数日間の間まで「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

この「リラキシン」というホルモンは、赤ちゃんがスムーズに出てこられるように、

骨盤周囲の靭帯などを含めた軟部組織を柔らかくする作用があり、

産道を広げてくれるよう働きます。普段から骨盤周囲の筋力トレーニングをしている方でも、

「リラキシン」というホルモンで筋肉や靭帯は緩みますし、

妊娠中には今まで体験したことのない身体の変化が起こります。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、

お腹の中に重りを入れ、

荷物を抱えているような姿勢になります。

この姿勢は、妊娠前ではしない姿勢(格好)になりますので、

骨盤周りの骨格や筋肉などの使い方が変化します。

同時に「リラキシン」というホルモンの影響で、

骨盤周囲に緩みが生じ、安定性も失いやすく、腰痛などの疾患を起こしやすくなります。

それはほとんどの妊婦さんが体験することでそれよりも、
l
お腹の赤ちゃんを無事に出産することを第一に考えなくてはいけません。

そして無事に出産すると子育てが始まりますが、それと同時に自分自身の身体のことも考えましょう。

妊娠中に感じた腰痛は改善していますでしょうか?

骨盤のゆがみは、出産後、左右の骨盤が徐々に縮んでいくことで、

通常3~4か月で自然治癒するものですが、

中には戻りきらないまま腰痛が引き続き起こる人もいます。

そのような人には産後骨盤矯正が必要です。

産後の骨盤矯正は八尾市高安駅前の高安柔整院にお任せください^_^

産後の症状

こんにちは^_^

昨年の12月に産後の骨盤矯正来院されたママさんが、

無事骨盤の歪みが落ち着きました^_^

20代 初産

『産後、仰向けで寝る事が辛い』

との事で、来院されました。

身体の状態を見てみると、

骨盤の右側に歪みがあり、

骨盤が後ろに倒れており、

尾骨が、仰向けになると、地面にあたるため、

痛みが出ている状態でした。

産後独特の症状でしたので、

『産後骨盤矯正』

で治療を開始しました。

3回目の矯正で、痛みがほぼなくなり、

本日で10回目の矯正でしたが、

骨盤の状態も良く、

最初の痛みは完全になくなっていました^_^

高安柔整院は、骨盤矯正を得意とする整骨院です。

産後でお悩みの方は、いつでもご連絡下さい^_^

八尾市 産後骨盤矯正

image1_4.JPG

こんにちわ^_^

本日は、産後の変化に対して養命酒製造さんが書かれていた記事を紹介します^_^

養命酒製造はこのほど、「子育てママの”疲れ”に関する調査」を実施した。

子どもと同居する26~49歳の女性1,000名を対象に行った。

・産前産後で「体形」に変化?

出産前と出産後に感じた身体の不調を聞いたところ、産前に感じていた不調で最も多かったのは

「冷え」(35.4%)

次点に「肩こり」(33,7%)

という結果だった。

対して、産後の不調で最も多かったのは「疲れやすい」(52.3%)となった。

また、産前産後で比較すると、18項目において不調を感じる割合が増加していることがわかった。

最も変化があった項目は「体形の変化」で、産後は35.9ポイントの増加が見られた。

ほかにも、「疲れやすい」(31.9ポイント)、「イライラする」(28.3ポイント)なども大きな増加が見られ、産前産後で体調に大きな変化があることが判明した。

一方で、産後に割合が減少した不調は「生理不順・生理痛」と「便秘」のみだった。

30代は「食」で疲れに対処

「あなたは最近疲れを感じていますか」という質問には、全体で86.4%の人が「とても疲れている」「まあまあ疲れている」と回答した。子どもの人数別に見ると、子どもが1人の人で84.6%、2人の人で85.6%、3人以上の人では90.8%という結果となり、子どもが多いほど疲れを感じる傾向にあることがわかった。

との事でした。

体型の変化は、出産後の骨盤が大きく関わっています。

骨盤の状態が悪ければ、

記事にも書かれておりましたように、

?冷え性

?肩こり

?疲れやすい

などの症状があらわれます。

まずは、骨盤の状態を確認しそこからの治療をしていくことをオススメします^_^

高安柔整院は、産後の骨盤矯正を得意としている治療院です。

産後のケアは高安柔整院におまかせ下さい^_^

産後骨盤矯正 口コミ人気No.1

image1_3.JPG

こんにちは^_^

高安柔整院です。

本日も、

産後1ヶ月のママさんが、来院されました。

症状は『腰痛』です。

話を聞くと、

・出産の時間が13時間かかった

・2歳の子供がおり、家事、育児で休むとゆう時間があまりつくられていない

・2歳の子供も抱っこをしたりする

などの悩みを話して来れました。

実際に身体の状態を見てみると、

まず腰回りの筋肉は張りが強く出ており、

次にお尻の筋肉もかなり 腰をかばっており、

骨盤周りの筋肉がパンパンに張っている状態でした。

そして骨盤を見てみると、

開きとともに、

右に歪みが生じており、

両足の長さも違っておりました。

まずは、家事 育児で疲労している筋肉を手技治療で、痛みをやわらげた後、

『産後骨盤矯正』を

カイロプラクティックで使用されている専用のベッドを用いて、

歪み 開きを矯正しました。

受けられたママさんは、

痛み自体がかなり楽になったと驚いておられました^_^

高安柔整院は産後の骨盤矯正を得意としています。

産後のケアは高安柔整院におまかせ下さい^_^

産後ダイエット

image1_6.JPG

【産後太り】

妊娠中に増えた体重を、出産後も戻しきれずに、体重オーバーの状態が続く産後太り。今は、昔のように「赤ちゃんの分まで食べなさい」といわれることもなく、妊娠中毒症等の対策で体重を適正管理するようにと指導されますが、それでも妊娠、出産を機に太ってしまったという女性がたくさんいます。体型面では、赤ちゃんを育てるために太くなったお腹周りや、妊婦時の体重を支えるためにがっちりした太ももが元に戻らないという方や、授乳時に子どもの頭を支えた二の腕に肉がついたという方、授乳後ではバストのたるみなどの悩みをもつ方が多いようです。とはいえ、無理な産後ダイエットは禁物です。

妊娠中は、運動不足になりがちなため、筋肉量が低下します。それに伴い、人がジッとしていても消費するエネルギーである基礎代謝も低下。産後もその状態が続いていると、太りやすくなります。また、妊娠&授乳期は赤ちゃんのために摂取カロリーを増やしますが、授乳後も同じ食生活を続けていると、当然、太ります。さらに、妊娠時に長期間、伸びた状態になっていた腹筋や、出産時に開いた骨盤をケアせずにいることなども、下半身太りを招く原因となります。

産後太りをそのまま放っておくと、太りやすい体でい続けることになります。そんな状態で、子どもが離乳から一般食へと育つ過程に子どもの食べ残しを食べていたら、さらに太ったという方がたくさんいます。さらに、体重が戻りきらないうちに二人目、三人目と出産を重ねたら、びっくりするような体重になっていた…という方もいます。

*高安柔整院は産後骨盤矯正を得意としています。

骨盤が正しい位置に戻ると、内蔵も正常な位置で機能し、栄養素の吸収が良くなります。また、血行が良くなることで基礎代謝も上がり、痩せやすい体になりますよ。

産後骨盤矯正を上手に行えば、効率よくやせるだけでなく、スタイルも良くなります。

産後ダイエットをお考えの方は、いつでもお問い合わせ下さい

出産後こんな事をしていませんか?

image1_13.JPG

☆同じ側の肩にいつもショルダーバックをかけている

☆いつも座る時は、お姉さん座りをする(横座り)

☆座った時に同じ側の足で、足を組む

☆授乳の際によく猫背姿勢で行っている

☆授乳の際に、両足を投げ出した状態で足を同じ側で組んでいる

☆出産してから頻繁によく動き回っている

妊娠をすると3~4か月後あたりから産後数日間の間まで「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
この「リラキシン」というホルモンは、赤ちゃんがスムーズに出てこられるように、骨盤周囲の靭帯などを含めた軟部組織を柔らかくする作用があり、産道を広げてくれるよう働きます。普段から骨盤周囲の筋力トレーニングをしている方でも、「リラキシン」というホルモンで筋肉や靭帯は緩みますし、妊娠中には今まで体験したことのない身体の変化が起こります。お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹の中に重りを入れ、荷物を抱えているような姿勢になります。
この姿勢は、妊娠前ではしない姿勢(格好)になりますので、骨盤周りの骨格や筋肉などの使い方が変化します。
同時に「リラキシン」というホルモンの影響で、骨盤周囲に緩みが生じ、安定性も失いやすく、腰痛などの疾患を起こしやすくなります。
それはほとんどの妊婦さんが体験することでそれよりもお腹の赤ちゃんを無事に出産することを第一に考えなくてはいけません。

そして無事に出産すると子育てが始まりますが、それと同時に自分自身の身体のことも考えましょう。

妊娠中に感じた腰痛は改善していますでしょうか?

骨盤のゆがみは、出産後、左右の骨盤が徐々に縮んでいくことで、通常3~4か月で自然治癒するものですが、中には戻りきらないまま腰痛が引き続き起こる人もいます。そのような人には産後骨盤矯正が必要です。

産後の骨盤矯正は八尾市高安駅前の高安柔整院にお任せください^_^