コロナ対策徹底中
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 捻挫・ぎっくり腰・寝違え

ぎっくり腰

【ぎっくりの原因】

腰椎の椎間関節の捻挫や,靭帯の軽度の損傷,関節包のめくれやねじれによるもの
腰背筋の筋膜の損傷(肉離れ)が原因のもの、いわゆる「筋膜性腰痛」
腰椎椎間板ヘルニアが原因のもの
骨粗鬆症による腰椎椎骨の圧迫骨折によるもの
ちょっとしたきっかけや、特に誘因もないのに急に腰が痛む 急性腰痛の多くは、ほんのちょっとしたきっかけで突然、腰に激痛が起こります。引き金となる動作には、重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなど、誘因が思い当たることもありますが、特に誘因もなく起こる場合も少なくありません。また、腰椎に何らかの病気があり、加えて無理な姿勢をとったり、動作をしたために、急激に強い痛みを引き起こすこともあります。
痛みの原因はそのほとんどが腰椎の椎間関節の「亜脱臼」です。亜脱臼とは、いわゆる捻挫のことで、関節が半ば外れかかった状態をいいます。また、椎間関節内へ滑膜が挟まった場合も考えられます。つまり、ぎっくり腰のほとんどは、腰骨の関節を捻挫した状態なのです。

【ぎっくり腰の症状】

急性腰痛が起こると、強い腰の痛みのために動けなくなったり、歩くのが困難になるといったように動作が制限されます。症状の程度には個人差があり、ものにつかまりながら何とか動けるという人もいるし、痛みのためにほとんど動けなくなる人もいます。少し前かがみになったり、横向きで寝ると痛みが楽になることが多いようです。

【ぎっくり腰の治療】

安静にし、コリをほぐせばかなり腰は力を取り戻します。さて、次にすべきことは「腰の状態を確認」する事です。何故なら、ギックリ腰が腰の筋肉疲労だけが原因であれば良いのですが「姿勢の歪み=骨格の歪み」が原因であれば大変です。炎症が治まって痛みが軽くなったとしても、そもそもの筋肉疲労は「骨格の歪み」が引き起こしているわけですから、根本的には何一つ変わっていないのです。

ですので、高安柔整院では、コリをほぐし、腰の状態を確認し、根本の歪みを治す骨盤矯正の施術を致します。

一人一人に合う治療を高安柔整院では行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ギックリ腰治療 高安口コミNo.1

image1_10.JPG

皆様、年も暮れが近づき、大掃除をされるご家庭が増えてきていると思います。

大掃除をする中で、1番多い怪我が、

『ギックリ腰です??』

下の荷物を中腰で持ったり

高い所に無理矢理手を伸ばしたり

同じ姿勢のままで掃除をしたり

と、腰への負担は大きいです??

ギックリ腰の予防としては、

ストレッチ・暖める・休養をしっかりとする事が予防となりますので、

無理に掃除を続けるのは抑えたほうがいいです??

当院では、腰痛持ち、ギックリ腰の患者様に対して、適切な治療をほどこします??

「ぎっくり腰」は加齢などにより椎間板が弱くなり亀裂が入っていたりするところに、外圧(無理な姿勢や、重いものを急に持ち上げるなど)がかかる事により椎間板やそのまわりの筋肉を痛める事により起こります。日頃から重たいものを持つ時の体制や力の入れ方に意識したり、腰に負担のかかる体勢をとらない癖をつけるなどする事で弱った椎間板を保護してやる事ができそうです。加齢に伴う変化を止める事はできないため、正しい姿勢や保護する方法を知ってぎっくり腰を予防する事が大切です??

また当院では骨盤矯正を中心とした治療を施して、ギックリ腰になりにくい身体を作っていきますので、お気軽にお問い合わせください^_^

地域口コミNo.1 交通事故認定治療院です

image1.JPG

当院では交通事故に遭われた方もこられています。

基本的には病院・医院と同じ様に『自動車保険』などの保険内で治療を受けれます。

その為、治療費は当院から、保険会社に請求致しますので、被害者様の負担は『0円』で治療を受けれます。

*通院1日につき4200円の慰謝料が発生します。

交通事故後のケアで今後の後遺症も変わってきます。

よく言われる

『むち打ち』は正式に言えば、

『頸椎捻挫』『頸部挫傷』『外傷性頸部症候群』

と呼びます。

また現在、当院に来られている被害者様の中には、

頭痛・目眩・吐き気・手足の痺れ・耳鳴り

などが出てきた為に当院での治療を受けられている方もおられます。

その為、当院では手技治療を中心に、ケアをしながら出来る限り身体への負担を取り除いていきます。

交通事故に遭われたら

①警察へ連絡

②病院へ行く

③保険会社へ連絡

④症状の確認

⑤治療開始

といった順序で行くのがスムーズですので、

もし交通事故に遭われた方や、現在、交通事故に遭われて整骨院などに通われていない方も、お気軽にお問い合わせ下さい。

また当院では弁護士とも提携しておりますので御相談もして下さいませ^_^

ギックリ腰が多発しております

image1_5.JPG

季節の変わり目、体調はいかがでしょうか?

高安柔整院では最近ギックリ腰患者さんが急増しております
朝晩の気温の寒暖差が激しいこの時期は仙腸関節と言われる、腰とお尻の間の関節が捻挫をしやすくなります
いわゆるギックリ腰です

一度ギックリ腰になると癖になりやすいのでしっかりと治療する事をオススメします

もしギックリ腰になってしまった場合はすぐにアイスマクラなどで冷やしてください、
そして出来るだけその日はお風呂でもあまり温めないようにしましょう。

約1週間程度して炎症が治まって来たら少しずつ運動療法を取り入れながら改善させていきましょう^_^